コストパフォーマンスに優れたホンデックスのPS-511CN 生まれ変わった小型GPS魚探はココが進化!

2/6~7に開催された大阪フィッシングショーに行ってきました!
そこで、ホンデックスが今回初のお披露目となったPS-511CNをご紹介します。

※2017/10/03情報
2017年4月発売のPS-611CNの発売に伴い、PS-511CNの西日本地図モデルは製造終了となりました。

 

IMG_2624

このNEW機種PS-511CNは、これまでのPS-501CNの後継機種。
小さいながらも海岸線の表示と、GPS機能で自船の位置を表示することが可能で、2011年の発売開始以降
ゴムボートなどの小型ボートユーザーから手軽で使いやすいと親しみ愛されてきました。

いままではモデル名は変えずに海岸線の更新といったマイナーチェンジはありましたが、今回4月からリリースされるPS-511CNはいくつかの仕様変更がされ、生まれ変わったようです。

1.海岸線がより詳細に!縮尺レンジを拡大しても表示可能に!

PS-501CNは簡易海岸線地図マップを搭載。しかしこれはマップの縮尺レンジを500mで表示すると、海岸線の表示は
消えてしまい、自船と目的地までの進路方向が表示されるものでした。
PS-511CNは、詳細海岸線データを搭載。縮尺レンジを500mより拡大すると、より細かな海岸線が表示されるように
なりました!

2.表示物、漁礁が新たに収録!

PS-501CNには表示物や漁礁データは収録されていません。使用者自らマークを付けるなどが必要でした。
PS-511CNは浮標・暗岩・洗岩・漁礁などのデータを新たに収録。購入直後から即戦力として使用できます!

IMG_2626

縮尺レンジ100mでも海岸線が表示!また、近くの漁礁もマーク表示で分かりやすい。

3.バスモデル(HE-57C)からの機能も集約!

PS-511CNと同型サイズにバスフィッシング向け魚群探知機(HE-57C)がありましたが、今期で発売が終了になるそうです。
そして、PS-501CNだけでなく、HE-57Cの機能もこのPS-511CNに集約、バスフィッシング用としても使用が可能です。
バスフィッシングモデルの特徴は魚探信号の最大3000回/分の高速発信。これは水深の浅い海釣りにも有効で海中の情報を細かく取得することが出来ます。

 

ただ、今回これだけの機能を追加したことでメーカー希望小売価格¥41,040(税込)から¥42,984(税込)と1,900円ほどアップ。
また、PS-511CN単体に全国の地図データマップ全てが入りきれなかったようです。そのためNEW機種のPS-511CNは西日本用中~東日本用の二つに分かれてのリリースとなりますので、ご注文時にはご注意ください!

IMG_2633

重なるエリアが広いため、不便は感じられないかと思いますが、お使いの地域に合わせてお選びください。

リリース開始は4月からですが、ネオネットマリンでは予約受付を開始しております。
全国販売店の注文次第では、メーカー出荷体制が間に合わず、順次出荷となることもありますのでご予約はお早めに!

info_bn

 

 

また、旧モデルPS-501CNもメーカー在庫限り販売中です。
4月まで待てないお急ぎの方はこちらもご検討ください。

info_bn

 

ホンデックスGPS魚探の関連記事紹介

ホンデックスPS-611CN、従来モデルとの差を調べてきました!

PS-611CNを120%引き立たせるアイテムピックアップ!


 

 

IMG_2649

移動中、ドクターイエローを発見!
路線の安全点検お疲れ様です。

GPS魚探担当:なか


ボート用品の通販王 ネオネットマリン

[通販総合カタログ]&[セール情報誌ネオメール] 無料配布中! お申し込みはコチラ↓

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ