ホンデックス4.3型の電池スペースにすっぽり収まるバッテリーパック!

大阪フィッシングショーのつづきです。

前記事はこちら

ホンデックスPS-611CN、従来モデルとの差を調べてきました!

 

今回、フィッシングショーではもう一つ、気になる商品がありました。
それがこちら。

IMG_6443

ホンデックス魚探(乾電池駆動)用リチウムイオンバッテリーパック!【BMOジャパン製】

これは乾電池8本入れる代わりに電池ボックス内にすっぽりと収まる充電式リチウムイオンバッテリーです!

 

IMG_6464

こちらは従来の電池カバー、こちらと見比べるとBMOジャパンのバッテリーパックは少し出っ張る形になります。

 

IMG_6442

取り外してみたところ、左がバッテリーパック、右が電池カバーに乾電池を載せてみました。
バッテリーパックの中の構造は意外にシンプルです。
手前中央の接続からACアダプタを直接繋げるだけで家庭用コンセントから充電出来てとても簡単です。

 

IMG_6448

バッテリーの重さは196g
これは乾電池8本+電池カバーとほぼ同じ。手にとって比べてみても重さに違いは感じられません。
【BMO担当者に持ってもらいました(笑)】

 

IMG_6440

左がリチウムイオンバッテリーパック、右がホンデックスの電池カバーです。
従来の電池カバーと同様に水の侵入を防ぐパッキンが付いています。

 

動作時間

輝度設定を5(MAX)時の最大動作時間をグラフにしたもの、充電満タン時なら16時間、つまり、朝早くに使い続けても夕方まで電池交換なしで使えることが出来ます。

 

この他にも担当者にいろいろ聞いてみました。

:ホンデックスの4.3型魚探でも海水の飛沫(スプレー)の影響で、電池ボックス内部に塩分が侵入して端子を錆びさせるけど、このバッテリーパックの防水パッキンも同じ性能ですか?
:ホンデックス製品も完全防水と謳っているわけではないので絶対とは言い切れません。
水没などすればアウトです。飛沫も入り込むこともあるので出来れば飛沫侵入を防ぐ対策することを薦めます。

:ホンデックスで新機種モデルPS-611CNが今年4月に発売されますけど対応できてますか?
:電池ボックスは同じサイズ、規格のようですので対応は出来ると思います。ただ、まだ発売前なので実際に試してみたわけではありません。使用時間もおそらくは落ちると思いますが、それは電池の使用時間も同じことです。

:バッテリーなので、やはり寿命というのがあって使い続けるうちに使用時間は短くなると思って良いですか?
:バッテリーの仕様上避けられないので短くなっていきます。しかし、長く使うことが出来れば電池コストよりも安くなりますので、使用後は本体から取り外し、端子部分に塩分付いたままにならないよう拭き上げるなどのメンテナンスしてください。

いままでホンデックスではスマホに接続するモバイルバッテリー用電源ケーブル(UD-01)がありましたが、モバイルバッテリーが別途必要で、また小さいとは言えバッテリーを置く場所を確保しないといけませんでした。
しかしこのリチウムイオンバッテリーパックは電池ボックスにそのまま装着するだけ、従来の電池カバーよりちょっと飛び出ますがそれほど支障ということは無く気軽に使えるかと思えます。

発売開始は2017年5月頃、もしかしたらちょっと早まるかも? 期待しましょう!

info_bn

 

バッテリーパック関連の記事紹介

ホンデックスPS-611CN、従来モデルとの差を調べてきました!

ホンデックスPS-611CN ワカサギパックが販売されました!

PS-611CNを120%引き立たせるアイテムピックアップ!

【新商品ニュース】PS-611CNに対応した遮光フードが発売されました

 


 

フィッシングショー帰りに 小さな発見!

IMG_20170215_153331

移動献血で献血を受けたところ、シートがヒョウ柄でした!
流石大阪・・・

GPS魚探担当:なか


ボート用品の通販王 ネオネットマリン

[通販総合カタログ]&[セール情報誌ネオメール] 無料配布中! お申し込みはコチラ↓

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ