アイパイロット取付寸法について

今回は、アイパイロットの最適な取付寸法をご紹介します。

まず、アイパイロットは、船首取付が基本的な取付です。

また、船首中央の取付が最も効果を発揮します。

それでは、取付寸法についてご紹介します。

IMG_4420_1

①喫水面~デッキ

100cm以内(海水モデルの場合シャフト長60インチのRT80ST/IP)

85cm以内(海水モデルの場合シャフト長54インチのRT55ST/IP)

 

②取付面:縦40cm×横25cmのフラットな面

モーターの揚げ降ろしのためにマウントの先端部は船体よりはみでるように取付します。

 

③モーター収納時:170cm

モーターを線上に引き上げた状態では約170cmのスペースが必要になります。


購入する前に、必ず上記の通り取付する場所の状態を確認してください。

今回説明した内容は、寸法のみとなります。

実際の取付に自信のない方は、ボートショップやマリーナにご相談頂くことをお勧めします。

 

なお、次回は盗難予防?などのために開発された、アイパイロットをワンタッチで着脱できる画期的なアイテムをご紹介します。

ちなみに、商品はこんな感じ↓↓↓

IMG_4426

それでは、次回お楽しみに~

 

IMG_4409

新年早々、サッカーの自主練してました。

スタッフの太田でした。


ボート用品の通販王 ネオネットマリン

[通販総合カタログ]&[セール情報誌ネオメール] 無料配布中! お申し込みはコチラ↓

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ