ヤマハマリンジェットで使われる塗料の選び方!

前回、前々回とヤマハ船外機、スターンドライブ(船内外機)の塗料の選び方について説明しました。

では、ヤマハマリンジェットで使われる塗料を購入することができるのでしょうか??

結論から申し上げますと、マリンジェット内で一般で使われる塗料色はウレタン塗料<ヤマハマリンジェット専用色>から購入が可能です!


 

それでは今回はヤマハマリンジェット染色の特定方法を説明します。

始めにマリンジェットのモデル名称を確認します。
モデル名称は船艇のエンジンルーム後方左側に張られています。
※モデル名称とはFX-HOやVX100といった名称ではありませんのでご注意ください。

P1610332

P1610339

 

ヤマハ公式サイト 部品情報検索(パーツカタログ)にアクセスし、利用案内の内容を確認後「同意する」へ進みます。

YAMAHA

 ヤマハ公式サイト 部品情報検索(パーツカタログ)

 

製品項目を「マリンジェット(水上バイク)」にして、排気量と先ほど調べたモデル名称を選び検索します。
※排気量が分からない方がいましたらPWCミュージアムから調べることが出来ます。

YAMAHA

 

FX-HO(2015年モデル)の2艇該当しました。

今回は青色のマリンジェットですのでディープパープリッシュブルーメタリックTが染色名になります。

YAMAHA-2

あとはウレタン塗料<ヤマハマリンジェット専用色>からご注文してください。

 

しかし、このモデルのハルには黒色、ミラー側は黒のラメ入り塗料が使われています。

P1610344

P1610342

これらについては、ヤマハ公式 部品情報検索(パーツカタログ)には情報がありません。どうしたらいいのでしょうか?

ヤマハパーツセンターへ問合せをしたところ、各モデルのベース以外の塗料については、モデル名称と塗られている塗料の場所をパーツセンターへ問い合せすることで染色名の確認・注文ができることが判りました。
また、最新モデルで採用されたばかりの塗料や、生産が少なくラインナップには無い塗料もあり、このような塗料でも5kg缶単位で製造が可能です。

ただ、注意していただきたいのがウレタン塗料は注文を受けてから、工場で生産を行うため、注文から出荷までに約2週間かかること、さらに顔料成分の僅かな差であったり、既に塗られている塗料は日中の紫外線によって劣化・変色が起こり、色がわずかに異なることがあるそうなので、十分理解したうえで注文して下さいとのことでした。

 


 

ラインナップの塗料でも、お客様一人がプチ補修に使用するには1kgは量が多く、非常に購入し辛いですね・・・

しかも、水上バイクで一番傷がつく機会の多い、ハルの染色名が部品情報検索(パーツカタログ)に載ってないのは、さすがにヤマハさんには是非ここは改善してほしいところです。

 

 


 

一言コメント:毎年この時期になると、各地の紅葉を見に行っています。さて、今年は・・・?

P1030256

P1030189

撮影場所:愛知県香嵐渓

メンテナンス用品:なか


ボート用品の通販王 ネオネットマリン

[セール情報誌ネオメール] 無料配布中! お申し込みはコチラ↓

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ