スズキ2馬力船外機トランサムL取扱い開始!!

これまでスズキ2馬力船外機はトランサムSタイプしか取扱いがありませんでしたが、

この度、 トランサムLタイプの取扱いも開始をしました。

DF2L_g

 

そもそもトランサムSとLの違いって何?

という、問い合わせをよく受けます。

それは、トランサム(シャフト)の長さの違いです。

Sというのはショート、Lはロングの略です。

電話で説明するとなかなか伝わりづらいですが、画像を見て頂くと一目瞭然。

まず、トランサムの長さは、下記図の矢印から矢印までの間の長さを指します。

トランサム

そして、実際にSとLを比べた画像がこちら↓

左がトランサムL、右がトランサムS

スズキ2馬力

Lが長いのがよくわかりますよね。

他にも、Lよりも長いY、X、Uとがあり全部で5種類のタイプがあります。

なぜ、トランサムの長さが複数あるかというと、

ボートによって、ボートのトランサム高さが違う為

適合する船外機のトランサムも数種類あります。

 

トランサムの選択は、

基本的にはトランサムSのボートにはSの船外機、

LのボートにはLの船外機という風に選択すれば標準的な取付高さになるようになっている。

ちなみに、小型ボートに多いのはSで、中型ボートやヨットに多 いのはLです。

 

正しい選択をしないと、

一例ですが、水没部分の水抵抗が増加しスピードが低下したり、

冷却水の汲み上げが不十分になりオーバヒートを起こす可能性があります。

 

上記のようなトラブルを避ける為、

船外機を購入する際は、しっかりとボートの適合トランサムを把握して

トランサムの選択をしなければなりません。

 

適合について、不明な点等がありましたら、お気軽に問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから



スズキ2馬力船外機トランサムLタイプはこちら

スズキ2馬力船外機トランサムSタイプはこちら

スタッフの太田でした。neonets-icon-sintentyo_w150


ボート用品の通販王 ネオネットマリン

[セール情報誌ネオメール] 無料配布中! お申し込みはコチラ↓

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ