フラッシング方法 SEA-DOO編

SEA-DOOのフラッシングとは
SEA-DOOのエンジンの冷却は本体内のクーラント液にて冷却している為、フラッシングはウォーターボックス(マフラー)内を洗浄する事です。
SC(スーパーチャージャー)搭載モデルは更にインタークーラ内も洗浄する事となります。
海上走行後には塩害対策として必ずその都度行い、淡水走行後に関しては冷却系統に砂やゴミなどによる目詰まりを防止する為にもその都度行うのが好ましいでしょう。

 

SEA-DOOのフラッシング手順

※SEA-DOO艇はNA(自然吸気)モデルもSC(スーパーチャージャー)モデルもフラッシング方法は変わりません。

① 陸揚げしたジェット本体を水平な場所に置きます。

 

② 船体後方に取り付けられた接続口に接続コネクター(DM7000等)を取り付けます。
※注意 この時、あまり強く締めすぎてしまうと、接続コネクターを取り外す際に本体側の接続口が共回りしてしまうので注意が必要です。実際に本体側の接続口が共回りして外れてしまう事例が多々起きています。
SEA-DOO接続コネクター

 

③ 本体に取り付けた接続コネクターに水道ホースを取付けます。
※この時、水道ホースがゆるい場合にはホースバンドなどでしっかりと固定し、フラッシング途中にホースが抜けないようにしましょう。ホースが抜けたままエンジンが回っているとオーバーヒートの原因となります。
SEA-DOO接続コネクター2

 

④ 周囲の安全を確認し、エンジンを始動します。エンジン始動を確認したら直ぐに水道を全開にして最大水量を本体に供給します。
※注意 フラッシングしている間、ジェットポンプから水が流れ出ている事を確認します。万が一、水が出ていない場合はSEA―DOO認定ディーラーにて整備・点検を依頼して下さい。

SEA-DOO接続コネクター3

 

⑥ 水を出したまま約90秒間アイドリングで運転します。
※フラッシング中は、その場から離れないようにしましょう。万が一エンジンが止まってしまった場合、速やかに水道水の供給をストップしエンジン内への水の逆流を防ぎます。またホースが接続金具から外れてしまった場合、速やかにエンジンを止め、エンジンのオーバーヒートを防ぐ事が出来ます。

 

⑦ 90秒後蛇口を閉め、エンジンを約5,000RPMで5秒程度回転させて船体機関内に残った余分な水を排出してからエンジンを停止させます。

 

⑧ 接続コネクターを接続口から取り外し、フラッシング終了です。

 

なお、今回は塩害防止対策用ケミカル【ソルトアウェイ】を使用してフラッシングをしています。ソルトアウェイはフラッシングの塩害防止効果が高る為、海で使用した際には使用する事をおすすめします。
適切なフラッシングを行い楽しいジェットライフをお送りください!

いとぅーいとぅー


ボート用品の通販王 ネオネットマリン

[セール情報誌ネオメール] 無料配布中! お申し込みはコチラ↓

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ