ホンダ2馬力船外機のエンジンオイルドレンボルトが外れない!?

ホンダ2馬力船外機をご購入頂いた方から、こんな電話がよく掛かってきます。

「エンジンオイルのドレンボルトが固くて取れない!!」

私もその固さを体感した1人ですが、本当に固いです。

特に、付属のドライバーでは、絶対に外せません。(私の場合)

▼付属のドライバーを差し込んだ場合

ボルトの短い切れ込み側ではきっちりとはまっていますが、小さ過ぎて力がしっかりと伝わらず取れません。

無理に回そうとすれば、ボルトをなめてしまい、ボルトが外れなくなってしまう危険性もあります。

だからここでお勧めしたいのは、切れ込みが長い方のサイズに合ったマイナスドライバー!

ただ、サイズが大きくなっても、私みたいにか弱い方はそれでも取れないことがあります。

その場合、さらにお勧めなのが、ドライバーの根元にスパナやレンチで回せるタイプ!

 

てこの原理で、力を加えれば簡単に外せる...はずです。

しかし、このエンジンオイルドレンボルト、実はもう旧タイプなんです。

明確な日にちはわかりませんが、2017年途中からメーカーがようやく仕様変更をしてくれて、現行モデルは「六角ボルト」へと変更になりました!

また、専用の工具もきっちりと同梱されていました。

そして、実際にボルトの取り外し作業を行ったところ

見事一発で外せました。

まだ、変更して間もないので皆さんの評価はわかりませんが、私は旧タイプよりも安心して作業ができると感じました。

ちなみに、旧タイプのエンジンオイルドレンボルトのパッキンは、ゴム仕様のOリングと金属製のタイプの2種類がありました。

もし、ゴム仕様のOリングタイプを使用している船外機であれば、六角ボルトへの変更も可能です。

ただ、専用工具のみの取り扱いはしていないので、工具はご自身で別途ご用意下さい。

ホンダ2馬力船外機 エンジンオイルドレンボルト(六角ボルト仕様)のみのご注文はこちらからどうぞ

このボルト変更は、実際に使用頂いている皆さんの声がメーカーに届いたということ。

その声がメーカーに届いたことが、私自身何よりもうれしいです。

これからも意見があれば、お気軽にご連絡下さい。

 

<今回紹介した商品>
ホンダ2馬力船外機

 

スタッフの太田でした。

 

ボート用品の全国ネット通販おまかせ下さい!

 


通販総合カタログ、情報誌ネオメール⇒すぐに無料でお届けします♪


ボート用品の通販王 ネオネットマリン

[通販総合カタログ]&[セール情報誌ネオメール] 無料配布中! お申し込みはコチラ↓

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ