LEDスピーカーでドレスアップ!

今シーズンからネオネットマリンで取扱いを始めた、

マリン専用防水スピーカー“WET SOUNDS(ウェットサウンド)”

 

マリン専用に設計された高い防水性やこだわりの音質だけでなく、

LEDライティングでの演出というスタイルに共感するお客様が増えています。

 

今回とあるお客様で、

スキーボートのウェイクタワーに装着していた2個のスピーカーのうち、

片側1個の音が出なくなり、もう片方もとても満足のいく音量ではないという事で、

タワースピーカーの買い替えをして頂きました。

 

選んで頂いたスピーカーはこちら

REV10 タワースピーカー(2個セット)

かなりデカイです!!

 

そして、LEDライティングの話をしたところ、

 

『それいいねぇ~!!』ということで、

 

関連パーツもご購入頂きました。

左から

LEDのカラーや点滅具合を調節するRGBコントローラー

RGB用の配線に切り替える6芯配線コネクター

LEDリングキット(REV10/RGB用)

※RGBとは光の三原色(レッド、グリーン、ブルーの頭文字で、およそ100通りものカラーリングを楽しむ事ができます。)

 

簡単に取り付け方法を説明します。

まずスピーカー表面のフロントグリルと内側のネジをすべて取り外します。

そして、スピーカーとハウジングの隙間にマイナスドライバーを入れて

少し動かしてやると

ズボッとスピーカーが抜けます。

で、中に入っているレッド、グリーン、ブルー、ブラックのGRB配線と、

LEDリングを接続させます。

今回使用したスピーカーとLEDリングは展示サンプル用なので、

ギボシを使って接続しましたが、

お客様が購入するスピーカーとLEDリングには

コネクターがあらかじめ付いた状態ですので、

パチンッと接続するだけですので簡単です。

 

次にスピーカーの頭の部分から出ている配線の作業です。

この状態で届きますが、このカプラーを

エイッと中に押し込みます。

そして、ウェイクタワーに挟み込むクランプ部分の配線を押し込み、

スピーカーハウジングの中でコネクターを接続させます。

まぁ、このあたりの詳細は実際に作業して頂ければわかると思います。

で、こんな感じにセットされます。

次に、ここからオーディオやアンプに繋がる線が、赤と黒の2本タイプが付属していますが、

RGB仕様の6芯配線コネクターと取り替えます。

スピーカーの頭部分はこんな感じになります。

 

少し順序が入れ替わりますが、スピーカーのグリル部分に戻ります。

LED配線が済んだら、

本来は配線を通す穴をドリルで開けると説明書には書いてあるのですが、

ちょうど配線を逃がす形状になっているので、そこに配線をまとめます。

 

この状態でスピーカーをはめ込みます。

LEDは両面テープ仕様ですので、ハウジングに貼り付けます。

LEDリングをその上から被せます。

最後にLEDリングキットに付属する長いネジを使って、

グリル、LEDリング、スピーカーを共締めします。

これでスピーカー側は完了!!

 

あとはスピーカーの頭から出ている配線を繋ぐだけ。

RGBコントローラーへの配線もカラーに合わせて接続するだけ。

最後に電源を確保して終了!

 

実際に音を流しながらのLEDライティング動画はこちら!

 

タワースピーカーではなく、

埋め込みスピーカーの取り付け動画もあります。

 

 

 

こんなスタイルであなたのボートをスピーカーと共にドレスアップしてみませんか?

 

ただし、

これはやりすぎ(笑)

 

ボートサイズやご予算に応じてご提案をさせて頂きますので、

興味がある方は是非お問い合わせ下さい。

 

 

 

明日から4日間夏休みを頂きます!

もっと日焼けして戻ってきます!(笑)

ネオネットマリン店長 太田

 

 

全国ネット通販おまかせ下さい!


 

8月号完成してます!掲載商品の購入はこちらから


 

通販総合カタログ、情報誌ネオメール⇒すぐに無料でお届けします♪

 


ボート用品の通販王 ネオネットマリン

[通販総合カタログ]&[セール情報誌ネオメール] 無料配布中! お申し込みはコチラ↓

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ