ドライスーツはウエット素材が◎

秋の気配を感じるこの頃、日増しにドライスーツに関するお問い合せが増えているので、昨日に引き続きドライスーツのおすすめアイテムをご案内いたします。

今回ご紹介するアイテムは、ここ数日で何件かお問い合せをいただいた商品で、保温性の高いウエット素材を採用することで、薄手のインナーでも着用でき、PWCでのツーリングは勿論、ウェイクボードやディンギーのセーリング、ウォータージャンプなどなど、激しい動きを要求されるアスリートに注目されている商品です。


 

■容易な着脱

150916_01

左肩部分のジッパーはミゾオチ辺りから肩甲骨まで広い開口部が設けられており、一人でも簡単に脱着でき、単独行動の多い方でも安心です。

ドライスーツの多くは防水性にくらべ保温性が低く、厚手のインナーが必要なため、動きやすさが犠牲になってしまいます。

しかし、保温力の高いウエットスーツ素材を用いることで、薄着での着用が可能となり、保温性と動きやすさの両立が実現しました。


 

■肌に密着する部分にもウエット素材を使用

150916_02

首・手首・足首部分にウエット素材を採用することで、ユーザーが求める3大要素『温かさ・着心地・耐久性』で高い性能を発揮します。

襟部分はウエット素材のシールと、高めのスタンドカラーのダブル採用で、転倒時の衝撃や水圧による浸水をカバー。

多くのドライスーツがソックスタイプを採用するなか、あえてアクアシールを採用し、サイドジッパーを設けることで、バインディング着脱時のストレス軽減に役立っています。


 

■ゲレンデでの注目度アップ

150916_03

ドライスーツとしてはめずらしいカラーリングの採用で、ゲレンデでの注目度がアップ!

ジャンプスーツ系デザインが主流のなか、一見ツーピースに見えるこの商品は、ボーダー系ゆったりデザインで、そのまま雪山に行っても違和感を感じないほどです。


 

■色選びで迷ったら・・・

どの色もそれぞれ魅力的ですが、オススメはグレー×パープルです。
ドライスーツらしくないカラーリングと、ゆったり系ツーピースデザイン、ド派手なバックプリントは、それだけで存在感をアピールできます!

 

 

先日の社内イベントで久々にジェットに乗り、筋肉痛のウエア担当小田でした。


ボート用品の通販王 ネオネットマリン

[通販総合カタログ]&[セール情報誌ネオメール] 無料配布中! お申し込みはコチラ↓

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ