2馬力船外機の取付寸法を測ってみました!

先日、「私のボートに2馬力船外機取付できますか?」というお問い合わせを頂きました。

ざっくりとした質問だったので、よくある問い合わせの1つで「トランサムの長さ」のことだと思いましたが、実は今回のお客様が気にしていたところは違うところでした。

今回のお客様が気になっていたのは、ボートのトランサム板幅が船外機の取付クランプ幅と合うか、というまさに取付できるかどうかでした!!!

言葉だとわかりづらいと思いますので、下記画像をご参照下さい。

そこで、今回ホンダ BF2DH/トーハツ MFS2B/スズキ DF2の3モデルの取付寸法(クランプ可動域、高さ、取付幅)を細かく測ってみました。

ホンダ BF2DH

 

 

トーハツ MFS2B

 

 

スズキ DF2

 

結果を表にまとめました。

クランプ可動域 高さ 取付幅
最小 最大
ホンダ BF2DH 1.2cm 5.5cm 5cm 11.4cm
トーハツ MFS2B 2.6cm 5.8cm 6cm 12.6cm
スズキ DF2 2cm 6cm 5.7cm 12.2cm

 


さすがに、全く一緒ということではありませんでしたが、3モデルともほとんど取付寸法は変わらないですね。

取付できるかお困りの際は、こちらの数値を参考にボートのトランサム板寸法をご確認頂き、取付できるかご判断下さい。

 

また、2馬力船外機の性能や価格等を比較したページも別にご用意していますので、2馬力船外機選びでお困りの方は下記画像をクリックしてそちらのページをご覧下さい。

 

2馬力船外機を今すぐ購入したい!という方はこちら

 

 

スタッフ太田でした。


ボート用品の通販王 ネオネットマリン

[通販総合カタログ]&[セール情報誌ネオメール] 無料配布中! お申し込みはコチラ↓

4 Responses to “2馬力船外機の取付寸法を測ってみました!”

  1. たむのすけ より:

    いつも楽しく拝見させていただいています。
    ご質問がありますが、アクアマリーナclassicのゴムボートに標準搭載されているモーターマウントにトーハツmfs2bトランサムSの船外機を搭載するのは可能でしょうか?
    サイトを拝見すると、トランサムが短く搭載不可と書いてある場合と、マウントの加工により搭載できるとの記載も見かけます。

    • NeoNetMarine より:

      たむのすけ様
      コメント頂きありがとうございます。
      アクアマリーナクラシック300に標準装備のモーターマウントを装着して、トーハツMFS2BトランサムSは搭載不可です。
      たむのすけ様も記載頂いているようにトランサムが短過ぎて、使用するとオーバーヒートしてしまう可能性があります。
      マウントの加工は、当店としては推奨しておりません。
      理由としては、安全面を保証することができないからです。
      加工するかどうかは、お客様ご自身の判断となりますが、できる限り控えて頂きたいです。
      またご不明な点等ありましたら、お気軽にご連絡下さい。

      • たむのすけ より:

        早速のご回答ありがとうございます。
        安全面を考慮すると、やはり加工は控えておこうと思います。
        続けての質問で大変恐縮ですが、標記の船外機を搭載可能なインフレータブルボートで、比較的安価(可能であれば7〜8万円程度まで)で、2名が乗船可能なオススメのものはありますでしょうか?

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ