トーハツ2馬力船外機変更点【グリスニップル編】

お客様のお問い合わせから私も初めて知った事を、今回ご紹介します。

商品は、「トーハツ2馬力船外機

具体的な説明の前に、先にお問い合わせの内容と答えを教えます。

お問い合わせの内容は、

「今販売しているトーハツ2馬力船外機のシフトレバーに、グリスニップルは付いてますか?」

その答えは、

「付いています。」

何の変哲もないお問い合わせのやり取りですが、旧型のトーハツ2馬力船外機を知っている方なら、これは気になる事らしいです。

それでは、具体的に説明していきます。

トーハツ2馬力船外機は、旧型【MFS2A】と現行モデル【MFS2B】の2モデルあります。
※末尾のAとBで見分ける事ができるので、わかりやすいモデル名ですね。

実は、旧型のMFS2Aには、グリスニップルが付いていなかったそうです。

その為、シフトレバーが固着してしまうことがあったそうです。

それを、改善する為にグリスニップルを付けた【MFS2B】にモデルチェンジしたと言われています。

私もMFS2Aの時代を知らなかった為、グリスニップルが付いているのが当たり前だと思っていたので、この事実を知った時は驚きました。

下の写真がMFS2Bのシフトレバーのグリスニップルです。

もちろん、MFS2Bの取り扱い説明書に記されています。


今回のお問い合わせで、まだまだ知らないことだらけだなと、改めて痛感しました。

未熟者ですが、2馬力船外機の事でわからないことありましたら、お問い合わせ下さい。

全力でお調べします。

 

スタッフ太田でした。

 

2馬力船外機を今すぐ購入したい!という方はこちら

 

 

 


ボート用品の通販王 ネオネットマリン

[通販総合カタログ]&[セール情報誌ネオメール] 無料配布中! お申し込みはコチラ↓

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ