どっちの航海灯がお好みですか!?

夜間航行に必要な航海灯。

3年前に技術基準改正があり、新艇には全て新基準のLEDタイプの航海灯を装備することが義務付けられました。

その新基準のLEDタイプの航海灯では、「小糸(KOITO)」と「伊吹工業のNAUTILIGHT NAVI(ノーチライト ナビ)」(以下、伊吹と呼ぶ)が国内主要ブランドとなります。

今回は、その小糸と伊吹の航海灯をちょっとだけ比較しました。

まずは、「価格」について!

小糸と伊吹が取り扱いしている航海灯は、約10種類あります。

その中で、7個は小糸と伊吹で同じ種類の物を取り扱いしており、定価は10,000円~15,000円程になります。

その7種類の定価を比べると、全て【伊吹が1,000円~2,000円程高い】です!

 

次に、「素材と外観」を比べてみました。

ボディの素材は、小糸は「プラスチック」、伊吹は「アルミ」を採用しています。

実際に並べてみると、伊吹の方が高級そうに見えます。

それと、本体に取付するベースサイズが伊吹の方が小さい為、スマートに見えます。


ただ、小糸にも1つアピールポイントがあります。
ボディカラーが「シルバー」と「ホワイト」の2種類から選べるので、艇に合わせてカラーが選べるのは嬉しいですね。

 

どうでしたか。

価格を優先するなら「小糸」

高級感を出したいなら「伊吹」

そんな構図が出来上がってしまいましたが、私だったら「伊吹」...「小糸」を最終的に選択すると思います。

選ぶ基準は人それぞれ!

皆さんはどちらの航海灯を選びますか。

 

<今回比較した商品>

小糸 第二種白灯

 

伊吹 第二種白灯

 

その他の航海灯はこちらからご覧頂けます!!

 

スタッフの太田でした。

2017通販カタログ、ご自宅まで無料でお届け中~♪

catalog-780bnr_on


ボート用品の通販王 ネオネットマリン

[通販総合カタログ]&[セール情報誌ネオメール] 無料配布中! お申し込みはコチラ↓

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ