海上で突然のトラブル・・・プロペラのスペア持ってますか?

CIMG4173

突然の衝撃音とともにエンジンストップ・・・
プロペラを覗いて見てみると、ブレードがない!?岩にでもぶつけてしまったのでしょうか?
残念ながらこれでは引き返せざる得なくなり、辛うじて低速でも船が進めば良いのですが、最悪は曳航されながら戻ることになります。

プロペラは浅瀬や岩、杭などの障害物、ロープなどの漂流物が接触する危険性が高く、また接触してなくても経年の劣化によってゴムブッシュがスリップを起こすなど、不意に交換が必要になる可能性が最も高いパーツの一つです。

にもかかわらず、意外にスペアプロペラが準備されていないことが多く、当店でも破損した後に新しくプロペラを注文される方がいます。
しかしそれではプロペラが届くまでに時間がかかり、その間は船を動かすことができません。

これからは是非、車のスペアタイヤは常備するのに、なぜプロペラは常備しないの?という気構えでボートには必ずスペアプロペラを一つ常備しておきましょう!

 

当店では純正プロペラはもちろんのこと、社外プロペラ(Michigan社、SOLAS社)も扱っています。

純正ではラインナップされていない4ブレードやステンレス製プロペラ、また船外機のメーカーにもよりますが、安価でスペア用として最適なプロペラがございます。是非そちらもご覧ください。

プロペラご注文はこちらから

 

※海上でのプロペラ交換は大変危険を伴います。事前に安全に交換できるように方法/手順を覚え、また十分に安全を確保した上で作業を行いましょう。

 

 

neonets-icon_t

プロペラ担当 なか


ボート用品の通販王 ネオネットマリン

[通販総合カタログ]&[セール情報誌ネオメール] 無料配布中! お申し込みはコチラ↓

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ