アキレスゴムボート用補修キットの選び方

アキレスゴムボートには、補修キットが3種類あります。

3種類もあることで、「どの補修キットを選んだらいいの?」

なんていう、お問い合わせを頂くことがあります。

確かに、3種類もあると迷ってしまいますが、3種類も存在する理由がもちろんあります。

それは、ゴムボートの素材が3種類(PVC素材、CSM素材、エコストロン素材)ある為、素材ごとに補修キットも分かれているからです。

補修キットの選択を間違ってしまうと、補修生地が貼り付かない、最悪二度と補修できなくなってしまうなんてことも。

今回は、そんなアキレスゴムボートの補修キットの選び方をご紹介致します。

チェックするポイントは、

①ゴムボート本体のチューブに付いているマーク

②ボートの種類

 

それでは、まずは①のマークについて。

アキレスゴムボート本体のチューブには、下記画像のどちらかのマークが付いています。

 


このマークが付いている場合は、これだけで補修キットが特定できます。
対応する補修キットがコチラ▼

PV用補修キット (PVC素材専用)

 


このマークが付いている場合は、②ボート種類の確認が必要となります。

船外機搭載型ボートであれば、対応する補修キットはコチラ▼

補修キットD (CSM素材専用) ※パワーボート、EZシリーズ用

 

手漕ぎボートであれば、対応する補修キットはコチラ▼

補修キットB (エコストロン素材専用) ※EZシリーズは除く

 

但し、1つ注意点があります。
手漕ぎボートでも「EZシリーズ」のモデルは、CSM素材を採用していますので、補修キットDとなります。
お間違えの無いようお願いします。

 

どうでしたか。

モデル名がわからなくても、ゴムボート本体さえあれば簡単に選択できますので、所有しているゴムボートのマークや形をまずは確認してみて下さい。

 

また、補修キットの修理方法等も紹介しているページもありますので、よろしければ合わせてご覧下さい。

 

スタッフの太田でした。

 


ボート用品の通販王 ネオネットマリン

[通販総合カタログ]&[セール情報誌ネオメール] 無料配布中! お申し込みはコチラ↓

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ