スズキ船外機の年式の調べ方を分かりやすく説明します!

以前のブログで、船外機のプレートに書かれている製造年月=モデル年・・・ではありませんよ!ということを説明しました。

ちょっと知ってほしい、船外機の部品をお問合せする前に

 

では、船外機の情報からモデル年式を正確に調べる方法はあるのか??
今回はスズキ船外機だけ簡単に調べる方法があるので、そちらをご紹介します。

 

見ていただくのはやっぱり製造番号が書かれたプレート。

 

参考:スズキ2馬力船外機(DF2)

実はここに年式の手がかりが隠されていました!

 

この船外機プレートの製造年月には29 10 と書かれています。
つまりこちらは平成29年10月製造だということが分かります。

となると、以前のブログで説明した通り、西暦2017年に作られた船外機と分かりますが、
船外機は前年の途中から翌年モデルの製作が始まるため、これが2017年式なのか2018年式なのかが分かりません。

しかし、製造番号を見ると頭1文字目の数字が8となっていますね?実はこれがそのまま年式を指しているのです。
ただ、この製造番号の数字8だけになると2008年、1998年、1988年だってあり得ます。
なので、製造年月から2017年か2018年のいずれかと推測した後にこの数字を見るのが正解です。
(さすがに今年モデルの船外機の状態から10年以上というのは無理がありますが、いちおう・・・)

もっとも、厳密にいえば製造番号6桁のうち、頭2桁があればそれだけで年式の特定ができます。
ですが、2桁で調べるには年式一覧表を用意しなければいけないうえに、一部だけ例外的な製造番号があるため
ネオネットマリンでは、製造年月と製造番号の両方を見てモデル年式の特定をオススメします。

まとめ

モデル年式を調べるには…

・プレートに刻印された製造年月(和暦)から西暦にした年、または+1年と推測する。
・製造番号の頭1桁と推測した年(下1桁)でいずれかの合致する年がモデル年式。

 

これさえ分かれば、メンテナンスキットやインペラなど適合表から一発で調べられます!

船外機の整備にお役に立ててくださいね!

 

スズキ船外機消耗品関連はこちらから注文できますよ~!

 


 

横浜インターナショナルボートショー2018開催もあと2カ月を切りました!
現地でお会いできるのを楽しみにしています!

純正部品担当:仲村渠(ナカンダカリ)

 


ボート用品の通販王 ネオネットマリン

[通販総合カタログ]&[セール情報誌ネオメール] 無料配布中! お申し込みはコチラ↓

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ