ロイヤル魚探のあの部品も扱っています!

GPS魚探担当の仲村渠(ナカンダカリ)です。

太田店長から先週のブログで紹介がありましたが、
GPS魚探からも時々問い合せのあるがちょっと特殊な補修部品
ロイヤル魚探の補修部品を取り上げたいと思います。

 


GPS魚探のロイヤル工業社と言えば、知ってる方もいるかと思いますが
2014年に廃業撤退されたのGPS魚探の老舗メーカー。

撤退の知らせは突然で、その年の3月に開催された国際ボートショーにも出展されていただけに
当時の私も衝撃を受けましたが、一番困られたのは製品を買ったお客様だと思います。
その年から突然メーカー保守が受けれなくなったわけですから。

 

しかし、少しはご安心ください。
ヤマハがその後のアフターサービスを引き受けてくれたことで、その案内と販売の窓口として
ネオネットも受け付けを継続しています。

 

しかし部品供給できるのも在庫分のみ、年々と供給出来ない部品も増えてきているようです。
たとえば・・・

 

P-350 50kHz/200kHz 600W 発振器

 

 

P-260 50kHz/200kHz 1.5Kw発振器

こちらはまだ在庫はあるようです(2017年8月1日現在)

 

また、P-350やP-260と言ったロイヤル品番(取扱説明書などに記載)が判明していれば、
在庫状況の確認がスムーズですが、部品番号が分からない場合もご安心ください。
魚探本体に記載の型式からでもお調べできますので、お気軽にお問合せ下さいね。

 

お問合せはこちらから↓
お問い合せはこちら

 

2017通販カタログ無料で配布してます! ネオメールも一緒にどうぞ(^^)/

catalog-780bnr_on


7/30 蒲郡納涼花火大会
三尺玉を撮影!

 

これを撮れた瞬間、ガッツポーズしました(笑)

 

GPS魚探担当:仲村渠(ナカンダカリ)


ボート用品の通販王 ネオネットマリン

[通販総合カタログ]&[セール情報誌ネオメール] 無料配布中! お申し込みはコチラ↓

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ