秘伝!【TOMAHAWK/トマホーク】の畳み方

話題のインフレータブルカヤック 【TOMAHAWK/トマホーク】

入荷してからずっと問い合わせが多いこの商品。

船体も全長425cmと大きく、生地もかなりしっかりしているため本当に小さくなるの?!と疑問に思いますよね。

 

実際私も展示会や試乗会で何度も折りたたんで収納していますが、実はこれかなりコツがいります。

はじめての時は、どうやって畳んであったんだろう…というくらいのビックサイズにしかならず苦労しました。

スタッフみんなで何度も挑戦し、やっと一番小さくなる方法を発見しましたのでご紹介します!

 

完成系はこちら

(実物はもっと迫力があります。)

 

 

➀まずは出来る限り空気を抜きます。

バルブ 計5か所

サイド × 2か所
フロア × 1か所
キール前後 × 2か所

バルブを開けると自然に空気が抜けていきますが、別売りの電動ポンプの「DEFLATE/排出」機能を使用するとより早く抜けます。

 

②ある程度ぺしゃんこになったら、サイドを内側に倒します。
※イスは先に外してください。

 

 

③そうしたら先端部分を内側に折り込みます。

このとき重要なのが、捻じ曲げながら折り込むこと!!

言葉で説明するのが難しいのですが…

硬いキールが横に寝るようにグニャっと曲げながら折ります。

 

見た目はこんな感じになります↓

 

 

④もう片側も同じように折り込みます。

バルブの位置などがあるので左右、多少違う幅になっても大丈夫です。

これが成功すればもう後は簡単です!

 

 

⑤折り込んだ両側をさらに内側にもう1回ずつ折り込み、付属のラップ式キャリーバッグで包んで完成!!

 

 

バッグ、パンパンですがこれが最大限小さくしたサイズになります。

 

これを人が背負ってみると・・・


(身長176cmスタッフ)

 

大きいですが、背負えないこともないサイズまでになりました。

これならほとんどの車に積み込みもできると思います!

 

※ちなみに、付属品のハンドポンプ・パドル・シートはバッグに入りきらなかったので別で持ち運びが必要です<m(__)m>

 

何回かチャレンジしましたが、これ以上小さくするのは難しいです。

折る順番や、折り方を変えると一気にサイズが大きくなってしまうので

できるだけ上記の手順と同じ順番で行ってください(^^)/

 

同じようにやっても小さくならない!!という場合は、まだ空気が抜き切れていない可能性があります。

ポンプで空気を抜きながら挑戦してみてください。

 

 

今回紹介した商品はコチラ↓


【TOMAHAWK/トマホーク】 ブランド:AQUA MARINA/アクアマリーナ
メーカー希望小売¥226,800

 

ウォータートイ担当:清水

 

 

 

Googleで”トマホーク”と検索すると、斧↓が出てきます。

水を切り割いて進む!といったイメージでつけられた名前でしょうか???

 

 

catalog-780bnr_on

 


ボート用品の通販王 ネオネットマリン

[通販総合カタログ]&[セール情報誌ネオメール] 無料配布中! お申し込みはコチラ↓

コメントを残す

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ